ムーレイ・アル=ラシード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ムーレイ・アル=ラシード

モロッコのスルタン
在位期間
1666年 – 1672年
先代 アフマド・エル・アッバス (サアド朝)
次代 イスマーイール・イブン・シャリーフ

在位期間
1664年 - 1666年
先代 ムハンマド・イブン・シャリーフ

王室 アラウィー朝
信仰 スンナ派
テンプレートを表示

ムーレイ・アル=ラシード (アラビア語: مولاي الرشيد‎ 1631年 - 1672年4月9日)は、モロッコスルターン(在位: 1666年 - 1672年)[1]。アラウィー朝の始祖ムーレイ・シャリーフの息子で、同朝では3代目[2]。1635年、ムーレイ・シャリーフは長男のムハンマド・イブン・シャリーフにスルタン位を譲った。ムーレイ・シャリーフの死後ムハンマドがタフィラルト、ドラア川、アラウィー朝支配下のサハラ地域を継承したが、兄弟間の抗争の末に1664年ムーレイ・アル=ラシードの軍がムハンマドを殺害し、アル=ラシードがスルタンとなった。

当初のアル=ラシードの領土や軍隊は弱小であったが、次第に力を伸ばしてタザを制圧し、次いで1666年にフェズに侵攻、北モロッコを支配していたディーラーイー教団を追放した。モロッコの北海岸を支配下に置いたのち、1669年にはマラケシュも征服した。スースアンティアトラス山脈も征服され、アル=ラシードのもとでアラウィー朝によるモロッコ統一が完成した[3]

1672年、アル=ラシードは落馬がもとでマラケシュで死去し、異母弟のムーレイ・イスマーイールが継承した[4]

英語圏では、アル・ラシードはタフィレッタ(英語: Tafiletta)の通称で呼ばれることもある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Williams, Gerhild Scholz (2014-04-10) (英語). Mediating Culture in the Seventeenth-Century German Novel: Eberhard Werner Happel, 1647-1690. University of Michigan Press. pp. 162. ISBN 9780472119240. https://books.google.co.uk/books?id=FSRAAwAAQBAJ&pg=PA162. 
  2. ^ Messier, Ronald A.; Miller, James A. (2015-06-15) (英語). The Last Civilized Place: Sijilmasa and Its Saharan Destiny. University of Texas Press. pp. 151. ISBN 9780292766655. https://books.google.co.uk/books?id=iut1BwAAQBAJ&pg=PA151. 
  3. ^ Messier, Ronald A.; Miller, James A. (2015-06-15) (英語). The Last Civilized Place: Sijilmasa and Its Saharan Destiny. University of Texas Press. pp. 153. ISBN 9780292766655. https://books.google.co.uk/books?id=iut1BwAAQBAJ&pg=PA153. 
  4. ^ Lemon, Mark; Mayhew, Henry; Taylor, Tom; Brooks, Shirley; Burnand, Sir Francis Cowley; Seaman, Sir Owen (1951) (英語). Punch. Punch Publications Limited. pp. 689. https://books.google.co.uk/books?id=tDFXAAAAMAAJ&q=1672+al-rashid+horse&dq=1672+al-rashid+horse&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwjrn529lpXUAhWoL8AKHb7sAIQQ6AEIKDAA.